ただいま! - 「カナダ公立高校留学(AYC)」を終えて | 青少年異文化交流推進協会(IYEO)ホームページ

ただいま! – 「カナダ公立高校留学(AYC)」を終えて

おかえり!! Welcome Home!! 

昨年8 月末に期待と不安を胸にカナダ、BC 州ラングレー市に向けて日本を出発した生徒達が、
1 学年間の就学を終え6 月末に無事帰国しました。
カナダではとても充実した時間を過ごせたようです。
体験談として、帰国後にいただいた中務美海さん(広島)と橋本優作君(札幌)のアンケート回答、
またそれぞれの保護者の方からの感想をご紹介します!

(左:中務さん)

Q. 在籍していた学校名と学年は?
中務さん:Brookswood Secondary School の10 年生(高1)です。
橋本君 :Langley Secondary School の11 年生(高2)です。

Q. 通学方法を教えてください。
中務さん:ホストファミリーによる送迎がありました。
橋本君 :行きはホストシスターに送ってもらい、帰りはバスを利用しました。

Q. 特に難しかった科目、また簡単に感じた科目は?
中務さん:難しかったのは数学で、専門用語を事前に調べておかないと何を言っているかわからないです。簡単だったのは理科で、復習重視だっためそそこを徹底していれば好成績が取れました。
橋本君 :English ESL Writing はクラス全体のレベルが高く大変でした。友達ができて色々教えてもらったこともありArt II はやりやすかったです。

Q. 就学中、何か課外活動には参加しましたか?
中務さん:ハロウィンの時期に学校のプログラムで遊園地に行きました。
橋本君 :フィールドトリップにたくさん参加し、オーロラをみるツアーにも参加しました。

Q. ホストファミリーとの関係は?
中務さん:とても良かったです。記念日には私も参加させてもらい、何度かプレゼントもいただきました。
橋本君 :食事があまり合わなかったのですが、ホストブラザーとはよく話したりもしたので、生活自体は問題なかったです。

Q. AYC に参加して良かったですか?
中務さん:良かったです!自身の英語力が上がったことがはっきりとわかります。
橋本君 :良かったです!非常に多くのことを学べましたし、英語の成長も感じます。

Q. この1年で最も収穫だったと思えることは何ですか?
中務さん:多国籍の子たちと一緒に行動するようにしていたため、日本人とあまり関わることなく英語を上達させることができたことです。
橋本君 :異国の文化に触れ、友人ができ、様々な物の見方ができるようになりました。

(ホストシスターと一緒に!- 真ん中:中務さん)

 

■お母様から一言! (中務さん)
長いようで、あっという間の一年でした。高校に入学してから留学を決め、

短期間(4ヵ月)で高校留学手続きからビザ取得までスムーズにお手伝い頂き、

1 人で送り出す時は一抹の不安もありましたが、ホームステイ先での生活を聞くと

家族も良い方々で自立した生活を身につけることができたと思います。

学校生活も最初は手探りの状態でしたが、先輩方に助けられ、

タームごとに出る成績表には各教科の先生から細やかなコメント・アドバイスがあり、

それを参考に次学期に向けて意欲が湧いてくるようでした。

留学して数カ月で、あれだけ留学を拒んでいた娘から「留学して良かった」と言われた時は

本当に嬉しかったですし、そうなると確信していたので留学させたのだと、

私の思いを伝えました。選んだ学校も生活したラングレー地区も、治安・環境が良く安全でした。

ありがとうございました!

 

■お父様から一言! (橋本くん)
日本でずっと生活していると小学校・中学、高校と日本の一般的な常識、

感性の中で思考回路も固定されてしまうことが心配で、他国の同年代の子供達との交流を通して

視野を広げてほしいと考えておりましたが、その点では期待通りの経験ができた1 年だったと思います。

学校から案内されるイベントにも積極的に参加し、それを楽しんだこと、

また日本以外の国の友人ができたことは本当に喜ばしく、

自分のやりたいことやなりたい姿についてよく話すようになったと思います。

息子にはこれを機会に次の目標、ステップを意識してほしいと思っています。留学をサポートしていただき、

本当にありがとうございました。

 

★近況報告や体験談が盛りだくさんのNews Avenue 44号はこちらをクリック!!

関連ニュース

2019 年 サマープログラム in ラングレー カナダ(中学生・高校対象)

  2019 年 サマープログラム in Canada, Langley(中学生・高校対象) 1年間の高校留学プログラム「カナダ公立高校留学プログラム」の現地受入先であるラングレー教育委員会が実施する2週間の中学日高校生向けプログラムです。各国から集まる同年代の生徒とともに英語クラスを受講し、課外活動に参加します。滞在中はカナダの文化や習慣を学ぶ機会もあります。また、ホームステイ滞在を通して大きく成長できるでしょう。バンクーバーから40キロほど離れた、自然豊かな小都市ラングレーは、ブリティッシュコロンビア州発祥の地、治安の良いエリアとしても知られています。 プログラム概要と募集要項 参加条件 中学生・高校生(12歳~18歳) 現地受入 ラングレー教育委員会 研修会場 Yorkson Creek Middle School(ラングレー学区内) プログラム期間 2週間/2019年7月 ...

「早いもので後期に入りました」- カナダ公立高校留学プログラム

「早いもので後期に入りました」- 橋本優作くん(札幌デスク) カナダ公立高校留学プログラム参加者 こんにちは! 早いもので 2018年9月に始まった前期が終わり、2月から後期に入りました。 新たな友達もできて安定した生活を送っています。 今学期はベースボールアカデミーの野球クラスも始まったので、後期に登録した科目、 野球にもしっかり取り組み、また現地の人達との関わりを大切にして、日々英語力向上に努めたいと思います。 残り期間も充実した時間を過ごしたいです。 (橋本優作くん : 後列、左) 2018年9月、Langley Secondary Schoolに入学し、 カナダでの高校生活を開始した橋本優作君から 前期終了のお便りが届きました。 後期はベースボールアカデミーに在籍することになり、 益々充実した生活となるでしょう! 「留学生たちからの声(留学体験談)」特集のIYEO News Ave ...

思いやりのもてる社会人になりたい(AYA OB 近況報告)

過去の参加者の近況報告 アメリカ高校交換留学プログラム 鷹尾一之助君(福岡デスク)   AYA から帰国し、早6 年。私はミシシッピー州のウエストマリオン高校での交換留学を終え、 今年の春より社会人となる年月を過ごしてまいりました。 現地の高校においての異文化交流、ホストファミリーとの家庭生活、友人との絆、ボランティア活動、 日本文化の紹介など、17才でなければできなかった貴重な経験を過ごさせていただきましたことは 私の生きていく全ての場面において、大きな財産となりました。 今振り返ると、挑戦すること、我慢すること、自分を見つめること、学び続けることの大切さは、 この経験により身についたように思えます。 AYA終了後は日本の高校に戻り、その後再びアメリカの大学生活を満喫しました。 京都外国語大学の国際教養学部におきましては、 次世代育成プログラムFuture Leaders Pr ...

アメリカ・カナダ高校留学Newsの一覧

各種プログラムのお問い合わせ・ご相談は、最寄りの日本国内IYEO各地担当相談デスク・連絡カウンターへ
本部 広島 〒730-0052 広島市中区千田町2-1-2-3階 (TEL:082-246-9400) hiroshima@iyeo.org
相談デスク 札幌 〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 (TEL:011-522-8108) sapporo@iyeo.org
相談デスク 福岡 〒810-0041 福岡市中央区大名2-1-43-302 (TEL:092-713-8235) fukuoka@iyeo.org
連絡カウンター 千葉 TEL 043-271-0812 (菊島)
連絡カウンター 仙台 TEL 090-2845-8901 (金子)