プログラム アーカイブ | 青少年異文化交流推進協会(IYEO)ホームページ

プログラム

アメリカ大学奨学金プログラム

アメリカの大学・大学院では、約108万人もの留学生が学んでいます。高等教育機関への留学において、世界で最も人気のある国アメリカ。世界トップランクに位置する質の高い教育を、この奨学金制度を利用して受けることが可能です。「アメリカ大学奨学金プログラム」は、アメリカの大学への留学を希望する若者と、奨学金を提供するアメリカの大学を結びつけるプログラムです。プログラムは『米国大学スカラーシップ協会』が推進、1997年にプログラムを開始してこれまで、世界の数多くの国々の学生が利用してきました。日本では2004年9月より募集を開始し、以来、毎年100名以上の留学生を送り出し、世界をめざす意欲あふれる日本の若者を支援しています。

高校留学

IYEOでは高校在学中に体験することができる「アメリカ高校交換留学プログラム(Academic Year in America, AYA)」と、「カナダ公立高校留学プログラム(Academic Year in Canada, AYC)の2つの高校留学プログラムがあります。現地ではホストファミリーと共に生活しながら、アメリカ/カナダの新学期から1学年間(約10ヶ月)、現地の公立高校生活を体験します。高校生である時にしか経験できないプログラムです。

日本高校体験留学プログラム Acaremic Year in JAPAN

日本語習得のための留学ではなく、異文化体験、異文化交流を目的とした日本高校体験留学プログラムです。日本でのごく一般的な家庭、高校、社会生活を体験することを通して、より現実的な相互理解を促そうというものです。この留学制度では、日本国出入国管理及び難民認定法が定める日本国留学ビザを取得し、その滞在期間はプログラム基づく期間に限定されます。本プログラム参加者は、受入れに賛同いただいた日本国内の高校で、当協会(IYEO)・就学高校の定めたルールに従い、基本的には日本人一般生徒と一緒に通常の授業を受けます。日本国内の高校では、外国人留学生としての特別なはからい(日本語補修クラス)はないことを前提としており、就学期間中の滞在先は当協会(IYEO)・就学高校に手配いただいたボランティアのホストファミリー宅または就学高校に併設された学生寮となります。

その他のプログラム

その他最新プログラムをご紹介します。

各種プログラムのお問い合わせ・ご相談は、最寄りの日本国内IYEO各地担当相談デスク・連絡カウンターへ
本部 広島 〒730-0052 広島市中区千田町2-1-2-3階 (TEL:082-246-9400) hiroshima@iyeo.org
相談デスク 札幌 〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 (TEL:011-522-8108) sapporo@iyeo.org
相談デスク 福岡 〒810-0041 福岡市中央区大名2-1-43-302 (TEL:092-713-8235) fukuoka@iyeo.org
連絡カウンター 千葉 TEL 043-271-0812 (菊島)
連絡カウンター 仙台 TEL 090-2845-8901 (金子)