憧れのニューヨークで働く日が来るなんて!(卒業報告)中川龍之介さん | 青少年異文化交流推進協会(IYEO)ホームページ

憧れのニューヨークで働く日が来るなんて!(卒業報告)
中川龍之介さん

憧れのニューヨークで働く日が来るなんて!
中川龍之介さん(広島デスク)@ Minnesota State University Moorhead


(中川君:写真左から2番目)

お久しぶりです。Minnesota State University Moorhead に在学中の中川龍之介です。
日本でも新型コロナウイルスによる度重なる緊急事態宣言で大変な時期ではありますが、
いかがお過ごしでしょうか。僕は、元気にやっています。
今学期が大学生活ラストのセメスターで、メジャー変更もありましたが計画通り4年で卒業できそうです。
報告する事がたくさんあるので何から報告すればいいのか迷っているのですが、
まずは自分の就職活動についてお話ししたいと思います。

僕は、一昨年のBoston Career Forum 2019にJuniorの時に参加しました。
当初の目的はSeniorの時に本格的に就職活動を始めるだろうと思っていたので、その為の下見といったところでした。
あわよくばインターンをゲットして何か履歴書に書けるものを経験したいなぁと思っていました。
そんな感じで落ち着いて望んだのが功を奏したのか、世界4大会計事務所の1つのRFA(Risk & Financial Advisory) と
GES(Global Employment Service) の2部署から2020年夏のインターンのオファーを頂きました。
ボスキャリ後のディナーも通して、最終的にはRFAの方が自分の興味や専攻にも合っていたのでRFAのオファーを選ぶことにしました。
何よりも面接をしていただいたManagerの方がサッカー経験者で凄く馬が合い、
その人の作るチーム下で働けるなら楽しいだろうなと思ったのが一番の決め手でした。

(#9:中川君)
そして今年の夏、本当はニューヨーク本社で3ヶ月のインターンをする予定だったのですが、
コロナの影響で2週間のオンラインインターンシップになりました。
自分の先輩や知り合いのインターンや内定が取り消しになるのを目にしていたので、
自分のインターンも恐らく中止なるだろうなと腹を括っていました。
それでも2週間ではありましたが、この大変な時期にネットワーキングやオリエンテーションなどの機会を設けてもらい感謝してます。
クライアントワークなどはできませんでしたが、仕事のシミュレーションプロジェクトがあり
最終日にはチームメートとプレゼンテーションをし、現役の社員の方に評価してもらいました。
NY OfficeのRFAのインターンだけでも100人近くいて、アメリカ中西部の無名の大学から来た日本人は僕1人でした。
インターン後には卒業後の内定を頂いたので、2021年7〜8月頃からマンハッタンで自分のキャリアを始めることになりそうです。
ニューヨークは自分が小学生の時にテレビで見て憧れていた街で、まさかその地で働くことができる日がくるなんて思ってもいませんでした。
まさに僕の”AmericanDream”が叶った瞬間でした。

それでも、今このコロナの影響で一寸先は闇なので自分の内定がいつ取り消しになってもおかしくないと思っています。
今自分にできることは常に最悪の状態を想定して準備を怠らないことなので、
楽しみつつも気を引き締めて最後のセメスター/大学生活を終えたいと思います。
面接の流れや、ボスキャリへの準備の仕方などの情報がCAP生に需要があるようでしたら是非お話ししたいと思います!
就活は準備が全てなので留学する前からボスキャリの存在を早く知っておくことは大きなアドバンテージになると思います。

一通のメールだけでは収まらない面白い事がたくさんあった大学生活でしたが、
自分の就活の話で長くなったので今回はこの辺りで終わりにしたいと思います。

季刊誌 IYEO News Avenue 47号より

 

★ オンラインセミナー(全4回)のお知らせ ★
2021年11月、12月の隔週土曜日にオンラインセミナーを開催いたします。
詳細はこちら! ⇒ 「海外留学の基礎知識」オンラインセミナー

関連ニュース

「アメリカ大学奨学金プログラム」参加者にインタビュー:日本の自宅から受講したオンライン授業

早くアメリカに戻って対面授業を受けたい! 永山果蓮さん (Minnesota State University, Moorhead / ミネソタ州)   「アメリカ大学奨学金プログラム」にて2018 年8 月からアメリカの大学へ進学。 現在、Minnesota State University, Moorhead(ミネソタ州)に在学中の永山さんへ オンラインで大学の授業を受講してみて感じたことをインタビューしました。 日本の自宅にてオンラインで受ける大学授業はどんな感じだったのでしょう??   (写真左)永山さん – 友人と共にEastt Asian Nightにて Q いつからオンラインの授業を受けていますか? (現地にいるときから?どういう経過で?) 本来Spring2020 の春休みは3 月9 日から13 日の予定でした。 2 月ごろはキャンパスでも新 ...

来賓決定 ! – アメリカ大学奨学金プログラム全国説明会「広島会場」

2020年3月29日(日)に広島で開催される奨学金留学説明会に関する追加情報です。 来賓決定! 今まで当協会主催の説明会に来賓のご招待はしていなかったのですが、 2020年春の奨学金説明会 「広島会場」には、素晴らしいご来賓にお越しいただけることになりました。   黒瀬 真一郎 先生 公益財団法人奥田元宋・小由女美術館 理事長 広島YMCA 理事長・常議員会議長 文部科学大臣教育者表彰受賞 文部科学大臣私学振興者表彰受賞 文部科学大臣地方教育行政功労者表彰受賞 (元)広島女学院 院長・理事長 (元)日本私学教育研究所理事・初任者研修委員長   黒瀬先生には、日本の教育という観点から冒頭にご挨拶をいただく予定です。   【先生方のご参加について】 毎回この説明会には学校の先生方のご参加がありますが、 今回はいつもより多くの先生方からお問合せ、お申込みをいただいて ...

サッカー部に入部、 Hell Week も体験しました!!
児島有壮さん(広島デスク)

サッカー部に入部、Hell Week も体験しました!! 児島有壮さん(広島デスク) @ Campbellsville University お久しぶりです。 夏も終わりを迎え、明日からundergraduate の授業が始まります。 8月の初旬にアメリカに到着し、サッカー部に入部できました。 アメリカ大学のサッカー生活について今の現状を報告したいと思います。 (児島くん:左後方) 私の大学はNAIA Division 1 に所属しています。 この夏からサッカー部に入部した人数は約 50 人で、 約 25 人ほどはイングランドなどからのヨーロッパ系で、残りは南米系です。入部した当時はアジア人 1 人でした。 全体では約 100 人ほどの部員で 3 カテゴリーに分かれています。 そして、この夏に初めてHell Week と呼ばれる練習期間を体験しました。 一日に朝、昼、夜と三部練の練習の日も ...

多くの出会いに恵まれた素晴らしい4年間でした!(卒業報告)
大江直樹さん

卒業報告!! ~多くの出会いに恵まれた素晴らしい4 年間でした!~ 大江直樹さん(広島デスク)@ Lindenwood University (リサーチアシスタントと教授との写真(白いTシャツに紺のジャケット姿が大江君) 5月にアメリカでの 4 年間を終え、心理学専攻、ファイナンスとマーケティング副専攻、 GPA4.0 という形でLindenwood University を卒業しました。 振り返れば長くも短くもあり、楽しい思い出も悔しい思い出も多々ありますが、総じて本当に貴重な経験となりました。 留学を通して得た中で一番大きなものは、やはり多国籍の人々との友好関係だと感じています。 相手の英語を理解することも、自分の意志を相手に伝えることも全くできなかった留学当初でしたが、 多くの出会いに恵まれ、夜中まで心理学の研究、家族、将来、仕事について熱く話し合ったり、 帰国時には別れを惜しんで泣 ...

アメリカ大学奨学金プログラムNewsの一覧

各種プログラムのお問い合わせ・ご相談は、最寄りの日本国内IYEO各地担当相談デスク・連絡カウンターへ
本部 広島 〒730-0052 広島市中区千田町2-1-2-3階 (TEL:082-246-9400) hiroshima@iyeo.org
相談デスク 札幌 〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 (TEL:011-522-8108) sapporo@iyeo.org
相談デスク 福岡 〒810-0041 福岡市中央区大名2-1-43-302 (TEL:092-713-8235) fukuoka@iyeo.org
連絡カウンター 千葉 TEL 043-271-0812 (菊島)
連絡カウンター 仙台 TEL 090-2845-8901 (金子)