「アメリカ大学奨学金プログラム」 卒業生にインタビュー | 青少年異文化交流推進協会(IYEO)ホームページ

「アメリカ大学奨学金プログラム」 卒業生にインタビュー

アメリカの大学に進学して心から良かったと思います!

 小野寺春香さん(Aquinas College/ミシガン州)

 

「アメリカ大学奨学金留学プログラム」にて、ミシガン州にある大学に進学した晴香さん。

2020 年5 月に無事卒業し(オンライン卒業式だったそう)、夏からは教育関係の仕事がスタート、社会人として一歩踏み出しました。

卒業後に回答いただいたインタビュー形式体験談をご紹介します。

(写真中央)小野寺春香さん – とてもよくしてくれた教授のご家族と一緒に

 

◆ 卒業おめでとうございます!

ありがとうございます!オンライン卒業式だったのが残念でしたが、

私の専攻であるInternational Studies の中で最優秀学生に選ばれることができ、良い形で終わることができてよかったなと思っています。

 

◆ 在籍した大学Aquinas College について、授業・指導の質はいかがでしたか?

私が今まで取った授業は、1クラス15人以下が平均で少人数制でした。

授業はほとんどが参加型で、話したり書いたりと様々な形で他のクラスメイトたちと意見を交換することで学んだり、

授業によっては毎週プレゼンテーションもありました。

知識を詰め込むだけでなくそれを用いてどう考え問題を解決していくかを、教授たちが導いてくれました。

どの授業もベースに「知識と自ら考える力で自分がより良い世の中を築いていく」という考えがあったと思います。

教授は、自分の専門分野や教えることに情熱をもっている方ばかりでした。

中にはオフィスアワー中に1対1で2時間も付きっきりで教えてくれたり、

授業のことだけではなく私の卒業後の進路や学校生活にことなど、本当に真剣にアドバイスをくれたりと、

人生の先生のような存在になってくれた教授もいます。

 

◆ 大学所在地・グランドラピッズの治安はどのように感じましたか?

グランドラピッズは、アメリカの中ではとても治安の良い町だと思います。

一部100 %安全ではない地区もありますが、全体的には町中もあまりゴミが落ちておらず綺麗で、昼間は一人で歩く人なども見かけます。

特に大学の周りはよく女性でも一人でジョギングしたり、子供連れの家族が歩いていたりという光景が日常的に見られました。

 

◆ Aquinas College の「これが良かった!」というのがありましたら教えてください。

様々な質の高い学べる機会・経験を与えてくれたところです。

例えば大学は市内外に200 以上の企業や団体と提携しているので、単位を取得できるインターンシップが出来たり、

春・夏・秋休みに他の生徒たちと国内外にボランティア活動をしに行ける機会があったり、

著名な活動家などの講演をキャンパス内で、無料で聞くこともできます。

私は、全米規模で行われるシカゴ模擬国連会議に参加したり、ボランティア活動としてサウスダコタ州やペルーを訪れたり、

インターンシップで英語を教える先生になったりと、ここには書ききれない位たくさんの素晴らしいチャンスに恵まれました。

 

◆ 進学先としてアメリカを選択したことについて、全体的な感想をお願いします!

アメリカの大学に進学して心から良かったと思います。語学力はもちろんのこと、私とは全く違う人と出会ったり、

価値観に触れたりすることで様々な視点から世界を見ることが出来るようになりました。

そのことが私の人生をより豊かにしてくれたと思います。

 

また、色々な国の人と心の底から信頼し合える人間関係を築くことが出来たことも、私にとっては人生の財産です。

この奨学金プログラムのおかげでアメリカ留学を実現することができましたし、

この留学を通して私の人生は大きく変わりました。本当にありがとうございました。

 

季刊誌 IYEO News Avenue 46号より

IYEO News Avenue最新号はこちら

 

関連ニュース

~後輩の皆さんへ~
「応援しています!!」
阿曽加奈子さん(卒業生)

テレワークを経験して感じたこと  「新しい人々との関わりについて」 阿曽加奈子さん (Missouri Valley College/ミズーリ州  2012年1月編入-2015年夏卒業)   皆さん、こんにちは。Missouri Valley College を2015年夏に卒業した、阿曽加奈子です。 今は東京の某IT 企業で働いており、主に日本の社員に向けた社内広報を担当しています。 奨学金プログラム参加者の皆さんの一部は、新型コロナウイルスの影響により、オンライン授業で勉学に励んでいる方も いらっしゃるかと思います。きっとこのような状況は奨学金プログラム参加を考え始めた時には想定していなかった状況で、複雑な気持ちを抱えているのかなと想像します。 私が勤めている会社でも、今年3 月から全規模・全社員が在宅勤務です。そのため、ミーティングなどはオンラインで行われます。現時点では来 ...

多くの出会いに恵まれた素晴らしい4年間でした!(卒業報告)
大江直樹さん

卒業報告!! ~多くの出会いに恵まれた素晴らしい4 年間でした!~ 大江直樹さん(広島デスク)@ Lindenwood University (リサーチアシスタントと教授との写真(白いTシャツに紺のジャケット姿が大江君) 5月にアメリカでの 4 年間を終え、心理学専攻、ファイナンスとマーケティング副専攻、 GPA4.0 という形でLindenwood University を卒業しました。 振り返れば長くも短くもあり、楽しい思い出も悔しい思い出も多々ありますが、総じて本当に貴重な経験となりました。 留学を通して得た中で一番大きなものは、やはり多国籍の人々との友好関係だと感じています。 相手の英語を理解することも、自分の意志を相手に伝えることも全くできなかった留学当初でしたが、 多くの出会いに恵まれ、夜中まで心理学の研究、家族、将来、仕事について熱く話し合ったり、 帰国時には別れを惜しんで泣 ...

卒業後、広島デスクでの再会を夢見てがんばってきました! – 木村巧くん(広島)

木村くん 卒業おめでとう!(おかえり!!) (写真 右:木村巧くん) 先月、無事シッペンズバーグ大学(Shippensburg University):ペンシルバニア州を卒業して広島に帰ってきました木村匠です。 IYEO 広島デスクのオフィスに立ち寄れることを夢見て、これまで頑張ってきましたがようやく叶いそうです。 7月25 日に、同期の森川さんとオフィスにお伺いし、CAP 生の皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。 ご多忙のことと存じますが、何卒よろしくお願い致します。 (写真 右:木村巧くん)   <IYEO News Avenue 44号より> ★IYEO News Avenue 44号にはプログラム参加者、保護者からのコメントが盛りだくさんです!

サッカー部に入部、 Hell Week も体験しました!!
児島有壮さん(広島デスク)

サッカー部に入部、Hell Week も体験しました!! 児島有壮さん(広島デスク) @ Campbellsville University お久しぶりです。 夏も終わりを迎え、明日からundergraduate の授業が始まります。 8月の初旬にアメリカに到着し、サッカー部に入部できました。 アメリカ大学のサッカー生活について今の現状を報告したいと思います。 (児島くん:左後方) 私の大学はNAIA Division 1 に所属しています。 この夏からサッカー部に入部した人数は約 50 人で、 約 25 人ほどはイングランドなどからのヨーロッパ系で、残りは南米系です。入部した当時はアジア人 1 人でした。 全体では約 100 人ほどの部員で 3 カテゴリーに分かれています。 そして、この夏に初めてHell Week と呼ばれる練習期間を体験しました。 一日に朝、昼、夜と三部練の練習の日も ...

アメリカ大学奨学金プログラムNewsの一覧

各種プログラムのお問い合わせ・ご相談は、最寄りの日本国内IYEO各地担当相談デスク・連絡カウンターへ
本部 広島 〒730-0052 広島市中区千田町2-1-2-3階 (TEL:082-246-9400) hiroshima@iyeo.org
相談デスク 札幌 〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 (TEL:011-522-8108) sapporo@iyeo.org
相談デスク 福岡 〒810-0041 福岡市中央区大名2-1-43-302 (TEL:092-713-8235) fukuoka@iyeo.org
連絡カウンター 千葉 TEL 043-271-0812 (菊島)
連絡カウンター 仙台 TEL 090-2845-8901 (金子)
連絡カウンター 福山 TEL 080-5756-5815 (梶原)