高校留学で得られるものは? | 青少年異文化交流推進協会(IYEO)ホームページ

高校留学で得られるものは?

高校留学で得られるものは?

一生を通じての大切な資質を身に着ける機会を得ます

留学は険しい道のりです。語学留学など、さまざまな形の留学がある中、なかでも、留学生でありながら、現地生徒と肩を並べて授業を受けるアメリカ高校交換留学、カナダ公立高校留学は、日本の若者を代表して参加するプログラムとも言え、1 学年の道のりを最後まで歩き続ける逞しさが必要となります。柔軟性や適応力、自分で考え行動する力、あきらめない心、そして友人の輪を広げる力と人を思いやる優しさ、これらの大切な資質を身につける貴重な1学年となるでしょう。

進学の選択肢が広がります

高校留学参加者の多くが、その後アメリカやカナダの大学をはじめ海外の高等教育機関への進学も選択肢として検討すると言われています。難関と言われているカナダの大学に進学した参加者や、アメリカのカリフォルニア大学等の優秀な大学を卒業し、まさに世界を舞台に活躍している参加者もいます。アメリカやカナダの大学に進学した高校留学参加者の中には、大学でストレートA(GPA4.0)を取る人も珍しくなく、皆素晴らしいGPA(成績平均点:Grade Point Average)を維持しているようです。そんな彼らは、「こうして海外の大学で地元の学生や世界中から
やってきた留学生達とともに学ぶ楽しさを満喫できるのも、高校留学を経験したおかげです。感謝しています。」と、コメン卜しています。もちろん日本国内の大学に進学する際にも、英語の試験で有利のようです。

国内外著名大学進学実績(一例)

海外大学

University of California Berkeley, University of California Los Angeles(UCLA)をはじめとしたUC各校、New York University、University of Wisconsine, Madison, University of Toronto、 State University of New York各校、California State University各校 等

国内大学

京都大学、大阪大学、名古屋大学、筑波大学、熊本大学、琉球大学、横浜市立大学、京都府立大学、神戸市外語大学、早稲田大学、上智大学、立命館大学、大阪医科大学、国際基督教大学 等

グローバル化する社会に対応するための価値観が磨かれます

留学生としてアメリカ・カナダに滞在することにより海外から見た日本を客観的に理解し、そしてそれを説明できるようになろうという意識が芽生えます。こうして培われた国際的観点から日本、ひいては今後の自分自身の人生を考える良い機会となり、今後より一層グローバル化してゆく社会に対応するためのかけがえのない価値観や理解などが磨かれます。

日本について、家族について、友達について、考える機会を得ます

高校生の参加者が親元を離れ、他人の家でホームステイをし、1 学年を過ごす間には、時にはつらいこともあるでしょう。
「可愛い子には旅をさせよ」という格言にもあるように、見知らぬ外国の家族と1学年間を共に過ごす貴重な体験は、日本の家族の愛情や、友人、学校、地域、国といった自分が所属する団体や仲間への感謝の気持ちを再確認することができる貴重な機会となるでしょう。

 

 

 

高校留学について

各種プログラムのお問い合わせ・ご相談は、最寄りの日本国内IYEO各地担当相談デスク・連絡カウンターへ
本部 広島 〒730-0052 広島市中区千田町2-1-2-3階 (TEL:082-246-9400) hiroshima@iyeo.org
相談デスク 札幌 〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 (TEL:011-522-8108) sapporo@iyeo.org
相談デスク 福岡 〒810-0041 福岡市中央区大名2-1-43-302 (TEL:092-713-8235) fukuoka@iyeo.org
連絡カウンター 千葉 TEL 043-271-0812 (菊島)
連絡カウンター 仙台 TEL 090-2845-8901 (金子)
連絡カウンター 福山 TEL 080-5756-5815 (梶原)